会長挨拶|日田商工会議所青年部

 

日田YEGスローガン

スローガン『縁~えん~ 人の繋がりが明日をつくる』

昨年は、この私達の地域も九州北部豪雨の被害に見舞われました。被災地では現在も、まだまだ生々しい傷痕が残っている場所もございますが、被害直後より沢山の方々の支援やご協力のおかげで、復旧に向けて着実に歩を進めています。

そこで、25年度のスローガンは、人との関わり、仲間を大切にしたいとの思いを込め、『縁』と掲げます。人は縁あって人と繋がり、地域と繋がることで学び成長していくものです。縁を活かせば様々なものを結びつけていきます。さらなる良縁をもとめ地域と交わり、人と関わることで新たな縁も生まれ、今ある縁は更に強く深いものになるでしょう。私達、青年経済人にとって、それはビジネスチャンスに他ならないのです。

本年度のテーマの下、縁あって日田YEGに集った仲間と共に成長し、会員企業の繁栄、地域活性化に繋がる高い志を持ち、何事にも全力で取り組み、個人・仲間共に自立していく組織を心掛けていきます。

 

1. 研修事業

青年経営者としての資質の向上を図るため、定例会による研修や市外への視察を積極的に行い自己の改革に努め、個々の社業の業績向上に繋げる。また、古参会員と若手会員との『意識変革』を図るため、若手会員を中心に事業を展開していく。

 

2. 交流事業

会員が相互に活発な青年部活動ができるような事業の企画・立案・運営を展開していく。地域の諸団体とのパイプ役となり、情報交換等を進める。会員相互だけでなく、商工会議所、女性会をはじめOB・会員の家族との交流・親睦を図るため、各種行事、親睦会、懇親会を開催する。また、少子化・地域経済活性化に向けたカップリング事業も引続き展開していく。

 

3. 地域貢献事業

単会事業や『ストリームひた』の事業を通じて各団体と連携を図りながら、災害被災地支援事業をはじめ、観光祭翌日の清掃活動やフードバンクなど社会奉仕活動に積極的に参加する。

 

4. 会員増強・組織強化事業

次代を担う青年経営者としての青年部会員は、先導者としての責任を自覚し、文化と伝統を継承していく責務がある。そこで、会員増強を事業化し、若手会員を増やすことで今まで培ってきた青年部事業活動の体験を通じ、イベントや研修会へ積極的に参加してもらい、未来への地域発展の礎を築く。

 

5. 広報活動

製作したホームページを活用し、当団体およびYEG活動を広く日田市民に紹介して、新規会員の募集を図る。また、青年部の活動状況や、会員の事業所などを紹介した広報誌(青年部だより)の発行など積極的な広報活動を行う。