28年度スローガン 『 ふみだす勇気 新たなる挑戦 』 ~ やるなら今しかない ~

28年度スローガン

『 ふみだす勇気 新たなる挑戦 』

~ やるなら今しかない ~

 

何か新しい事をやってみようと思った時、いいアイデアが思い浮かんだ時即座に行動できる人は少ないのではないでしょうか。なかなか初めの一歩が踏み出せず、結局やらずに終わってしまった経験があるのではないでしょうか。かつては栄華を極めた日本の大手メーカーも他の国のメーカーに買収されたり、規模縮小を余儀なくされたり、日本政府がかかげた経済政策「アベノミクス」も地方にとってはそれほど実感もなく不振にあえいでいるといえます。日田市の人口もいよいよ6万6千人代となり、合併当初から大幅に減ってきています。全国的に減少傾向にあるとは言いながらもそれでいいはずはありません。

国や自治体の政策に頼るだけではなく、自らが考え行動しなければ企業として生き残れない。もの凄いスピードで変化するこの時代、変化に対応できるものだけが成長し、生き残れるのです。先送りしてはいけません。地域を支える青年経済人である我々にはそれが求められています。昨年度、日田商工会議所青年部は創立30周年を迎える事ができました。30年間先輩方が築き上げてきた歴史と文化を伝承しつつも、次代を先駆ける我々青年部は新しい事に挑戦し続けなければなりません。よく考えて踏み出す一歩も、何も考えずに踏み出す一歩も同じ一歩です。地域を支える青年経済人として、日田市民として今年度はメンバー一人ひとりが何か新しい事に挑戦してもらいたい。そういった思いからこのスローガンを掲げました。

 

重点項目

  • 委員会の活動強化と委員会制の定着

今年度は、「研修委員会」「地域振興委員会」「広報委員会」の3つの委員会を設け、メンバー全員がいずれかの委員会に所属してもらいます。委員会を軸として年間を通して活動する事により早い段階からの会議や準備を行う事ができます。又、少人数の委員会で立案できる為より議論が深まります。今後、既存事業の発展や新規の事業を展開していくにあたり、委員会制での運営が不可欠であると考えます。

 

  • 県連事業への積極的参加(他単会との交流)

全国組織である商工会議所青年部では、他の単会メンバーと交流する事で、違ったものの見方や考え方、知恵や工夫などを得る事ができます。青年経済人としての見聞を広め、しいては自分の事業所に生かす。日田単会の中だけで活動していては、せっかく所属した商工会議所青年部の組織メリットを100パーセント生かしきれているとは言えません。今まで県連事業に縁の薄かったメンバーも、今年度はぜひ積極的に県連事業に参加して多くの人と出会い、議論を交わし、研鑽に努めましょう。

 

  • 県連日田大会にむけて

平成29年度に日田で開催が予定されている県連大会も目前に迫り、今年度より準備期間にはいります。昨年度の30周年記念事業で培った経験を生かし、さらなる成功が求められます。会員数は少ないながらも、創意と工夫を集結し今までにない県連大会を実現させたいと考えています。30周年記念事業に続き、勢いのある日田YEGを県下に知らしめ、存在感を出していきます。県連大会特別実行委員会を立ち上げ、今年一年間じっくり時間をかけ県連日田大会の大成功にむけて取り組みます。